シャンプーの基本のやり方

シャンプーの基本のやり方

シャンプーの基本は、髪の毛を洗うのではなく頭皮から分泌する皮脂や老廃物を洗う事です。
髪を洗う時間は、夜が良いでしょう。
なぜなら、昼間の汚れを次の日に持ち越さない事が頭皮環境を良くする為に大切だからです。
また、1日に何度もシャンプーをおこなっている方は、必要な油分まで洗い流している可能性が高いです。
まずは、シャンプー方法を見直して頭皮を健康な状態に戻していきましょう。

 

まず最初に髪をぬらす前にブラッシングをおこない、
ほこりや古くなった角質を浮かせシャンプーの時に汚れが落としやすくなるようにしておきます。
続いて、シャンプー前にしっかりとぬるま湯で指の腹を使用して、
頭皮を時間をかけて洗浄していきます。
また湯船につかって毛穴を広げた後に、洗浄するとより効果的です。
シャンプー前の洗浄で髪の汚れは、70%程度は落ちます。
時間は、3分程度を目安にしましょう。
髪の毛のダメージがひどい方は、1度この段階でトリートメントをおこないます。
続いて、シャンプーをよく泡立ててから頭につけて上を向いて洗っていきます。
洗い方は、決してこすらないようにして、頭皮をマッサージしながら洗浄していきましょう。
後は、しっかりとすすぎ残しがないように洗い流します。
シャンプーが終わったら、しっかりとタオルで水分を吸い取ってから、
トリートメントをおこないます。トリートメントは、地肌にはつけないようにしましょう。
トリートメントをつける部分は、髪の毛先から根元までの3分の2程度の位置くらいまでにつけていきます。
着付けも可能なヘアサロンGEKKABIJINhttp://www.gekkabijin-hairmake.com/