市販のシャンプーが安い理由

市販のシャンプーが安い理由

美容院では、一般的に市販のシャンプーはあまりおすすめできないと言われます。
しかし、市販のシャンプーはどこが良くないのかが分かりにくいです。
それは、含まれている成分に大きく関係しています。
シャンプーの成分表示では、水が一番多い成分となっています。
次に多いのは、洗浄成分になります。
つまり、市販のシャンプーは頭皮や髪に効果が低い洗浄成分を安く仕入れして、
利用者に安く売り利益をあげています。

 

シャンプーの配合成分に、
ラウリル硫酸塩系界面活性剤やせっけん系合成界面活性剤などが含まれているシャンプーは要注意です。
これらは、泡立ちが良いので好んで使う方も多いです。
しかし、せっけん系はアルカリ性なので、髪のキューティクルが強制的に開いてしまいます。
また、洗浄に多くの分量を要するので、石鹸カスが髪に付着してゴワゴワの手触りになってしまう可能性も高いです。
ラウリル硫酸塩系は、皮膚への浸透性が高いので、皮膚病が多発している洗浄剤です。
また、洗浄力と油分を奪う力が強いので、必要以上に頭皮から皮脂を奪ってしまいます。
すると、頭皮が乾燥するトラブルが多くなります。
さらに、頭皮を守ってくれる皮膚常在菌を死滅させる効果もあり、
抜け毛や薄毛、フケ、かゆみ症状を引きおこす可能性も高いです。

 

また殺菌効果のあるシャンプーも、
頭皮の常在菌にダメージを与えるので、
頭皮がばい菌に対して無防備な状態になってしまいます。
その結果、炎症がおきやすくなったり、抜け毛が増加したりします。

 

シャンプーを購入する際は、できるだけ頭皮に良い影響を与えるシャンプーを選びましょう。